Blog

こまつ町家文庫 年表

こまつ町家文庫 年表

●2010年11月
「石川県民みんなで本をシェアしよう」というコンセプトのもと、NPO「タテマチ大学」の期間限定“リサイクル本交換図書館プロジェクト”として、小松市龍助町に誕生する。現代表の金田は、このときからの現場運営スタッフの1人。

●2011年4月~2012年12月
期間満了後、「株式会社斎苑」により運営が継続される。地域の方々との交流の場として約2年間親しまれる。

●2013年1月~
こまつ町家文庫は閉館となるが、金田を含む現場運営スタッフ数名により、ゼロからの「町家文庫復活プロジェクト」がスタート。大家さんのご協力のもと、町家に残された古本と空間を存続させる。臨時開館やイベント出店などの小さな活動を続け、読書会や写真展、哲学カフェなどといった多様なイベントを毎月開催していく。

●2015年11月27日
古本とカフェと手作りジャムのお店としてオープンを迎える。手作りジャム「世界文学ジャム全集」を製造・発信していく。

●2016年9月
「いしかわ女性のチャレンジ賞」を団体として受賞。

●2017年12月
「龍助町まーけっと」を主催。

●2018年3月
「BOOK&COFFEE KOMATSU」を主催。

●2018年10月
龍助町を初めて歩行者天国にしたイベント「北國とおり町MARKET」が開催される。北國とおり町にぎわい協議会の一員として、企画運営に携わる。

●2018年12月
現代書館と、本とコラボレーションして作るイメージジャムを発売。

●2019年1月
阪急百貨店うめだ本店の催事に出展。

●2019年2月
「冬のこまつ蚤の市」を主催

●2020年3月
「春のこまつ蚤の市」を主催。

●2021年2月~
移転準備のため龍助町の店舗を休業。

●2021年4月(予定)
小松市八日市町に移転オープン。

SHARE
シェアする

ブログ一覧

0