来春 移転オープンのお知らせ

2020.11.27

.

今日で まる5年を迎えます 三代目こまつ町家文庫。初代から数えると 10年が経ちます。

ここで 大切な皆さまへ、大事なお知らせです。

.

こまつ町家文庫は 来春、小松市八日市町に移転オープンすることとなりました。現店舗から徒歩数分の場所です。

.

それに伴いまして、ここ龍助町での営業は 来年2月頃までとなります。

.

最近 改装工事が始まったところで、ラストの日も、移転オープン日の まだ決まっておりませんが、この場所で 過ごせるのも あともう数ヶ月ということで、初めての方も お久しぶりの方も、是非ぜひ ラストまでの間に、今の こまつ町家文庫に会いに来てもらいたいと思い、お知らせさせていただきます。

.

新店舗の準備もあり 何かと慌ただしい毎日ですが、今の店舗で営業できる 残りの日々、大切に過ごしていきたいと思います。

.

長くなりましたが、移転のお知らせでした。

以下、代表 金田からの挨拶です。よろしくお願いいたします

.

———————————–

.

ここ、小松市龍助町102番地に

【こまつ町家文庫】としてオープンして早10年の歳月が経とうとしています。

来年2月を目処に龍助町のお店を閉じ、来春4月頃、八日市町に移転オープンを予定しています‼️

.

振り返れば、出産後間もない時から赤ちゃんと共に沢山のお客様に笑顔を向けられ囲まれて一緒に過ごした町家。私の可愛い子供達も上の子は10歳になりました。

.

これまでにバイオリンの演奏会に写真展や手打ち蕎麦体験会、『 となりの手づくり本屋さん』に、最近ではまちゼミや『 おいしいたからばこ 』、そして 色んなお店さんに参加いただいた 初の主催イベント 龍助町マーケットをはじめ、こまつ蚤の市などのマルシェも企画してきました。

北國とおり町マーケットは街の人たちと共に開催してきましたし、お旅まつりや運動会も龍助町民として参加しましたね、沢山の思い出が目に浮かびます。

.

色んな所に足を運んで 地元の農家さんや食材と出会い、古い町家の台所で沢山のジャムやケーキに旬のご飯を作りました。お弁当も利用してくださる方が増えました。

.

東京や大阪、新潟、名古屋、富山に福井と遠くまで世界文学ジャム全集を届けたいと駆け回りました。その時や後に知って下さった方々が県外から町家文庫に会いに来てくださるようにもなりました。

思い出を話すと果てしなく尽きません。

.

昭和初期に建てられてから約90年、この町の移り変わりと歴史と共に在ったこの家は来年春には無くなる予定です。

.

〝こまつ町家文庫”を引き継ぎ3代目 代表になり守り続けて5年。来年 私で終わる龍助町102のこまつ町家。

壁の傷も愛おしいけれど、隙間風も階段の板の間のキシミも少しづつ大きくなり、最近の土砂降りでは雨漏りもして、、けど建てられた時と同じ様にピカピカな漆塗りの梁や柱にありがとうとお疲れ様でしたね、もう少し共にしましょうねと話しかけている今です。

.

これまでご愛顧下さったお客さまと、いっぱい考えて生み出して一緒に働いてきた仲間たちと受け入れて下さった町の人たち、支えてくれた家族愛しい人たちに感謝しています。

皆さまに愛され一歩ずつ踏み出してきた龍助町こまつ町家文庫の暖かな10年だったと思います。ありがとうございます。

.

5年の節目に合わせ発表させて頂きました。

.

もう少し龍助町にお付き合い下さいませ。

寂しい、楽しみ、不安、色んな感情が湧いて消して、

八日市の工事と共にワクワクをこれから増やしていきます。

また来春より新しいこまつ町家文庫としての時間を皆さまと歩んでいきたいです。

.

長くなりましたがご挨拶とさせて頂きます。これまで同様のお付き合いを宜しくお願い申し上げます。

.

こまつ町家文庫

代表 金田奈津代