第3回こまつ一箱古本市 店主さん募集

~ 町家の中で 一箱古本市 ~

.

ゆったりした空気が流れる町家の中で、1日本屋さんになってみませんか?

5月11日12日の二日間

外は お旅まつりのお囃子や曳山子供歌舞伎の上演で 賑わう中、

築85年の町家の中で 第3回こまつ一箱古本市、開催いたします。お旅まつりの雰囲気も 是非お楽しみください。

当日、こまつ町家文庫内では 一箱古本市のほか、ワークショップや雑貨販売などのミニマルシェを開催します。

.

.

◼️ 一箱古本市とは?

「本と町と人をつなぐ」

みかん箱くらいの大きさの一箱を持ち寄り、屋号や値段も好きに決めて、自分の売りたい本を販売する 古本市です。

家の本棚に入りきらなくなった本、捨てられない雑誌、使わなくなった絵本、どうしても誰かに薦めたい一冊など…。この機会に 1日本屋さんになって 本好きの皆さまとの交流を楽しんでみませんか?

.

.

◾️募集要項

.

日時:2019年5月11日(土)12日(日)の二日間 10時~16時

.

会場:こまつ町家文庫 2階和座敷

( 石川県小松市龍助町102番地 )

傾斜が急な階段となりますので、上り下りの際はお気をつけください。

.

募集箱数:各日7箱ずつ

出店料:1日500円

プロアマは問いません。

.

出店スペース:

「一箱」古本市です。みかん箱程度の箱に収まるくらいの ディスプレイでお願いします。スペースは大体 一畳ほど(あくまで目安です)。

箱の支給はございません。什器(ダンボール箱、木箱、トランクなど。箱でなくてもOK)は各自でご用意お願いいたします。ディスプレイもお任せしますが、各々の創意工夫をお願いいたします。

.

出品内容:主に 書籍を中心に出品していただきますが、一部 雑貨や作品の販売も可能です。飲食物はご遠慮ください。

.

その他 備考:

・売り切れやその他の理由により 16時より 早めに閉店していただいても結構です。尚、最初から 早閉めのつもりの方は 事前にお知らせください。

・売れた場合の補充用として、自分の後ろに置ける程度の予備をお持ちいただいて大丈夫です。ただし、ブース外のディスプレイは禁止です。

駐車場:近隣のコインパーキングか、お旅まつりの臨時無料駐車場をご利用ください。

応募締切:4月中頃

.

◾️申し込み方法

.

1. 出店希望日 (土日のどちらか、両日か)

.

2. 氏名 ( ※複数名で参加される方は代表者名だけで結構ですが、参加人数は お知らせください)

.

3. 住所

.

4. 電話番号

.

5. メールアドレス

( もろもろのご連絡はメールにてやり取りさせていただきますので、ご対応お願いいたします。)

.

6. お店の屋号 (ご自身で自由に考えた店名 )【 SNSで紹介します】

.

7. 今回の選書のテーマ(例 / 「春を感じる本」「好きな絵本」など) 【 SNSで紹介します】

.

8. お店のPRやコメント(本の内容、自己紹介、意気込みなど。)【 SNSで紹介します】

.

9. facebook、Instagram、Twitterなど 紹介してもよいアカウントをお持ちでしたら お知らせください。【 SNSで紹介します】

.

10. PRの写真(ご自身のお店の雰囲気が伝わる写真、持っていく予定の本の写真など)【 SNSで紹介します】

.

以上を添えて、メール komatsu@machiya-bunko.com

にてお申し込みください。

.

項目 7の選書テーマや、項目10の写真など、すぐに決めきれないものは 後日でも構いません。早めに参加表明いただけると助かります。

.

参加申し込み後、こちらから4日以内に返信いたします。

4日以上返信のない場合は お手数ですが、こまつ町家文庫まで連絡ください。

.

.

◾️会場について

会場となる、こまつ町家文庫は 築85年を町家を改装した古本カフェです。JR小松駅から歩いて5分ほどの場所にあります。小松駅には 東京や大阪方面からの夜行バスも発着します。小松空港から 小松駅までのバスも出ております。小松ICからは車で10分ほどです。とにかく交通の便は良いです!

遠方にお住まいの、本好きなそこのあなた。小松に来て、こまつ一箱古本市に参加してみませんか? 是非、お旅まつりにも繰り出して お祭りの雰囲気も楽しんでいただければ幸いです。

.

もちろんお近くの方のお申し込みもお待ちしております!

.

.

主催・問い合わせ先:

こまつ町家文庫 (担当:橋本)

TEL 0761-27-1205(営業時間内のみ 水曜~土曜 11:00 – 18:00)

メール komatsu@machiya-bunko.com