【終了】4/20(木)読書会「異類婚姻譚」

読 書 会。

なんて ワクワクする響きでしょう。
4月20日(木)午前中、こまつ町家文庫で開催されます♩

この本のここが すごくよかった、同じ本を読んだ人と語りたい!
このシーン わたしはこう解釈したけど 他の人はどう思ったのだろう?色んな方の考察が知りたい!

本を 読んでいて そう感じたことはありませんか?
1冊の本について、皆で感想を共有しませんか?

課題本は
本谷有希子 著「異類婚姻譚」
芥川賞を受賞されて話題にもなりましたね。

参加希望の方は、主催者の「こまつ読書会」さんにメッセージお願いします♡

少人数規模の読書会なので、興味のある方は お早めにお申し込みが吉!

詳細*

~ 夫婦って、永遠のナゾ ~

第1回目の読書会は、石川県ゆかりの作家で、芥川賞受賞作で話題になった 本谷有希子著「異類婚姻譚」
「刺激的で面白かった!」というかたはもちろん、
「読んだけど『ふーん』で終わったかも」
「いつか読もうと思ってたけど、機会を逃したなあ。」
というかたも、ぜひご参加くださいねー!

課題本   本谷有希子著「異類婚姻譚」(講談社)
※中編で、2~3時間ほどで読めます。
募集定員  5名
参加費   700円( こまつ町家文庫さんのドリンク付き )
申し込み先 komatsudokusyo@gmail.com

※お車で来られる際は、こまつ町家文庫さんには専用の駐車場がないため、公共交通機関もしくは有料駐車場をご利用ください。

【あらすじ】
子供もなく職にも就かず、安楽な結婚生活を送る専従主婦の私は、ある日、自分の顔が夫の顔とそっくりになっていることに気付く。「俺は家では何も考えたくない男だ。」と宣言する夫は大量の揚げものづくりに熱中し、いつの間にか夫婦の輪郭が混じりあって・・・・。(本のオビより引用です)

こまつ読書会 FBページ